機械設計者のためのMESYS設計計算ソフトウエア

シャフト設計計算ソフトウエア

シャフト計算は、転がり軸受の非線形剛性を考慮した同軸システムの計算を可能にします。 DIN 743によるシャフト強度計算と固有値の計算も可能です。

転がり軸受 設計計算ソフトウエア

MESYSの転がり軸受の計算では、様々な状況での荷重分布とISO / TS 16281に準拠した軸受寿命が計算されます。軸受寿命に及ぼす傾き角度または軸受クリアランスの影響を評価できます。

ボールねじ設計計算ソフトウエア

ボールねじの荷重分布と寿命は、同様にISO / TS 16281に準拠して計算されます。これにより、アキシアル方向の力に加えてラジアル方向の力とモーメント荷重も考慮できます。

アキシアルラジアルころ軸受構造解析ソフトウエア

有限要素法ベースのアキシアルラジアル円筒ころ軸受の計算では、ベアリング内の荷重分布に対するリングの変形を考慮することができます。 これまで、アキシアル、ラジアル、アンギュラ、クロスローラベアリングがサポートされています。

シャフトシステム設計計算ソフトウエア

シャフトシステムの計算では、ギアまたはベルトによるシャフトの結合を使用したシャフトシステムの計算が可能です。 荷重スペクトル、システムレベルの固有値、歯車計算プログラムとのインターフェース等、シャフト計算の可能性が広がります。.

FEA-インテグレーション

シャフト計算とFEAインテグレーションにより、シャフト、ハウジング、および遊星キャリアに3D弾性部品を使用して、より正確な剛性を考慮することができます。 弾性ベアリングリングと弾性ギアボディがサポートされています。

チューリッヒ(スイス)にあるMESYS AGは、機械設計者向けの技術計算ソフトウェアを開発しています。 主な分野は、歯車、シャフト、ボルト、転がり軸受などの機械要素の設計計算です。 最新のソフトウエア技術を利用して、標準化されたソフトウェア開発に加えて、客先向けカスタムソフトウェアも開発されています。

MESYSソフトウェアは、世界で利用されており、25カ国のお客様が使用しています。

転がり軸受 設計計算ソフトウエア

MESYSの転がり軸受の計算では、様々な状況での荷重分布とISO / TS 16281に準拠した軸受寿命が計算されます。軸受寿命に及ぼす傾き角度または軸受クリアランスの影響を評価できます。

シャフトシステム設計計算ソフトウエア

シャフトシステムの計算では、ギアまたはベルトによるシャフトの結合を使用したシャフトシステムの計算が可能です。 荷重スペクトル、システムレベルの固有値、歯車計算プログラムとのインターフェース等、シャフト計算の可能性が広がります。.

シャフト設計計算ソフトウエア

シャフト計算は、転がり軸受の非線形剛性を考慮した同軸システムの計算を可能にします。 DIN 743によるシャフト強度計算と固有値の計算も可能です。

アキシアルラジアルころ軸受構造解析ソフトウエア

有限要素法ベースのアキシアルラジアル円筒ころ軸受の計算では、ベアリング内の荷重分布に対するリングの変形を考慮することができます。 これまで、アキシアル、ラジアル、アンギュラ、クロスローラベアリングがサポートされています。

ボールねじ設計計算ソフトウエア

ボールねじの荷重分布と寿命は、同様にISO / TS 16281に準拠して計算されます。これにより、アキシアル方向の力に加えてラジアル方向の力とモーメント荷重も考慮できます。

ダウンロード

デモ版とドキュメントは、「ダウンロード」から入手できます。 テスト版(機能制限なし)のライセンスファイルをリクエストして、ソフトウエアの評価ができます。

MESYS Software バージョン 07/2020 をリリース。

MESYS シャフトとベアリング計算ソフトウエアのバージョン 07/2020 がリリースされました。 Downloads. General Extensions COMインターフェースに新しい手法が追加され、Pythonで簡単に使用できるようになりました。 シャフトの計算では、要素に簡単にアクセスできるように、いくつかの方法が追加されました。 ヘルプのCHMファイルはネットワーク接続を介して使用できないため、「mesys.ini」のhelpFormat = EXEを使用してアクティブ化できる新しいヘルプビューアが追加されました。...

続きを読む

MESYS Software バージョン 07/2019 をリリース。

MESYSシャフトとベアリング解析ソフトウェアのバージョン07/2019がリリースされました。以下からダウンロード可能です。 Downloads. General Extensions パラメータバリエーションに、最適化機能が追加になりました。 例えば、最大許容ラジアル荷重は、異なる基準に従って各ケースに対して計算することができます。 図のデータ点は、XLSXフォーマットでエクスポートできるようになりました。 曲線グラフは、ある図から別の図にコピーすることもできます。これは結果の比較に使用できます。...

続きを読む

転がり軸受設計計算の基礎セミナーのご案内 – 転がり軸受の寿命と理論

今回、転がり軸受を使う機械技術者にとって重要なテーマである寿命の基本事項と理論を中心に、ソフトウエアを使うために押さえておくべき軸受設計計算の基礎について、転がり軸受の研究をされておられます関東学院大学理工学部の堀田智哉助教に、詳しく講義を行っていただきます。転がり軸受の寿命に関する考え方から、転導体荷重の導出方法について、基本的な式の意味する所について、解説していただきます。 セミナーの最後に、実際にノートパソコンでソフトウエアの実習を行っていただき、どのような計算結果がでるか、ご確認いただけます。...

続きを読む