ボールねじ解析

ほとんどの場合、ボールネジの荷重は主にアキシアル方向です。このため、ISO 3408-5による寿命予測は、アキシャル荷重のみを考慮したものです。ソフトウェアは、アキシアル方向およびラジアル方向の荷重および傾動モーメントの結果としてボールねじ内の荷重分布を計算します。 Hertzian接触理論に基づいて、ボールの接触剛性を考慮して、剛体スクリューと剛体ナットを仮定して荷重分布を計算します。ソフトウェアオプションの “構成”を利用すると、予圧ナットを計算することが可能です。軌道は、ゴシックアーチまたは完全な半径として設計することができます。寿命予測は、ISO / TS 16281と同様のアルゴリズムにて荷重分布から計算されます。負荷容量は、ISO 3408-5またはISO 281 / ISO 76のアルゴリズムに従って計算することができます。パラメータサーベイは、入力値と結果のグラフ表示が自動的に組み合わされ、表示されます。ラジアル方向およびアキシアル方向の熱膨張および弾性膨張の影響またはリード誤差は、任意に考慮することができる。

Load distribution in a ball screw

次の結果が得られます。

  • ISO / TS 16281による寿命予測
  • 転動体間の荷重分布
  • 反力/モーメントおよび変位/回転
  • 接触ごとの接触圧力
  • ボールのアキシアル方向位置に応じた接触角
  • 静的安全係数

Software for ball screws

ボールねじの計算は、スタンドアロンプ​​ログラムとして利用可能するか、シャフト計算に統合して利用可能です。デモ版とドキュメントについては、「ダウンロード」を参照してください。