MESYS Software バージョン 07/2019 をリリース。

MESYSシャフトとベアリング解析ソフトウェアのバージョン07/2019がリリースされました。以下からダウンロード可能です。 Downloads. General Extensions パラメータバリエーションに、最適化機能が追加になりました。 例えば、最大許容ラジアル荷重は、異なる基準に従って各ケースに対して計算することができます。 図のデータ点は、XLSXフォーマットでエクスポートできるようになりました。 曲線グラフは、ある図から別の図にコピーすることもできます。これは結果の比較に使用できます。...

複式軸受の予圧抜け荷重

複列軸受の予圧抜け荷重は、 転がり軸受解析の結果として直接利用できません。しかし、予圧抜け荷重はパラメータバリエーションを用いて容易に求めることができます。 予圧抜け荷重は、複列軸受の一列が無荷重の状態になる外部アキシアル力として定義されます。 2列の軸受が2つの単列軸受として軸受コンフィグレーション機能を使用して定義されている場合、1軸あたりの軸方向の力は、外部アキシアル力として現れます。 青色と赤色のアキシアル力に加えて、最小の接触応力も緑色で示されています。...

転がり軸受の剛性は、軸受荷重の増加と共に増えますか

通常、転がり軸受の剛性は、軸受荷重の増加と共に増加します。 その理由は接触面積の増加にあります。 いつもそうでしょうか? 予圧のかかった軸受にラジアル荷重が加わると、ラジアル荷重が増加する事により軸受の剛性が低下する可能性があります。 その理由は、いくつかの転動体において荷重が減少し、接触領域が減少するからです。 次の図は、すきまのない6204深溝玉軸受のアキシアル方向およびラジアル方向の剛性を示しています。 アキシャル荷重は500Nであり、ラジアル荷重が増加することにより、剛性は最初は減少します。...

MESYS Software バージョン10/2018をリリース。

MESYS Software シャフト、軸受解析ソフトウエアの最新バージョン10/2018が可能になりました。 Downloads. シャフト計算ソフトウエアの機能拡張 主な拡張は、弾性軸受の軌道輪 elastic bearing rings と弾性歯車ボディー elastic gear bodies. 3次元弾性FEA部品には、ベアリングやその他のサポートと力を直接定義することもできるようになりました。 これにより、2つの3D弾性部分を接続することもできます。...

どの軸受剛性が必要ですか?

多くの場合、転がり軸受のラジアル方向またはアキシアル方向の剛性のために単一の値が使用されます。 いくつかの軸受タイプや負荷条件では、これは十分であるかもしれないが、他の場合はそうではないかも。 剛性とは何ですか? 一般に、剛性は、変位の変化に対する力の変化を表します。 力を変位で割ることc = F / uは、線形システムに対してのみ有効で、代わりに、与えられた動作点に対してc =ΔF/Δuのような勾配または差異を使用する必要があります。...