MESYS Software バージョン 07/2019 をリリース。

MESYSシャフトとベアリング解析ソフトウェアのバージョン07/2019がリリースされました。以下からダウンロード可能です。 Downloads. General Extensions パラメータバリエーションに、最適化機能が追加になりました。 例えば、最大許容ラジアル荷重は、異なる基準に従って各ケースに対して計算することができます。 図のデータ点は、XLSXフォーマットでエクスポートできるようになりました。 曲線グラフは、ある図から別の図にコピーすることもできます。これは結果の比較に使用できます。...

シャフトシステム計算に3次元弾性パーツをインテグレーション

ギヤボックスのようなシャフトシステムの計算では、シャフト強度、ベアリング寿命、およびギヤの安全係数の計算のために、シャフトは1次元要素としばしば考えられます。 これには、計算時間が短く、境界条件を簡単に考慮するという利点があります。 異なる支持位置で剛性を結合する剛性マトリックスを使用することによって、追加のハウジング剛性を容易に加えることができます。 MESYS shaft system calculation...

モーター軸の玉軸受すきま寸法の決め方

アンギュラ玉軸受を使用する場合は、システムのアキシアル方向すきまを決定する必要があります。この記事では、 MESYS Shaft Calculation のパラメータバリエーションを使用して、必要なアキシアル方向すきまを決定する方法を示します。 直径10mm、速度20000rpmのシャフトの例を次の図に示します。: 最適なすきまや予圧を決定する基準として、以下のパラメータを使用することができます。: 軸受寿命 シャフトの最大変位 シャフトの固有振動数 各軸受内部の最大接触応力 各軸受内部の最小接触応力 各軸受のスピン/ロール比...

MESYS Software バージョン10/2018をリリース。

MESYS Software シャフト、軸受解析ソフトウエアの最新バージョン10/2018が可能になりました。 Downloads. シャフト計算ソフトウエアの機能拡張 主な拡張は、弾性軸受の軌道輪 elastic bearing rings と弾性歯車ボディー elastic gear bodies. 3次元弾性FEA部品には、ベアリングやその他のサポートと力を直接定義することもできるようになりました。 これにより、2つの3D弾性部分を接続することもできます。...

歯車ボディーの弾性変形を考慮

バージョン08/2016以降、MESYSシャフト計算ソフトウェアでは、3次元ソリッド要素としてモデル化された3次元弾性パーツと1次元ビーム要素として計算された弾性シャフトの連携が可能になっています。 3次元弾性パーツは、CAD形状をインポートするか、パラメータ入力によって定義することができます。 3次元弾性パーツは、シャフトモデルへのインターフェースで各々のノードに縮退されます。 ソフトウェアの次のバージョンでは、さらに歯車とベアリングの表面変形の結合が可能になります。...