今回、転がり軸受を使う機械技術者にとって重要なテーマである寿命の基本事項と理論を中心に、ソフトウエアを使うために押さえておくべき軸受設計計算の基礎について、転がり軸受の研究をされておられます関東学院大学理工学部の堀田智哉助教に、詳しく講義を行っていただきます。転がり軸受の寿命に関する考え方から、転導体荷重の導出方法について、基本的な式の意味する所について、解説していただきます。

セミナーの最後に、実際にノートパソコンでソフトウエアの実習を行っていただき、どのような計算結果がでるか、ご確認いただけます。

ベアリングに関わる技術者にとって、本セミナーが少しでも機械設計の問題解決のお役に立てれば幸いです。皆様のご参加をお待ちしております。

以上

日時 2019年9月10日(火)10:00~17:00

会場 ネクストワークス ラーニングセンター サンフェリスタ目黒ビル8F

東京都品川区上大崎2-27-1 JR山手線目黒駅徒歩1分

参加費 4万円/人(税別)

定員 20名(定員になり次第締め切りますので、お早めにお申込み下さい。)

申込方法 参加申込書にご記入の上、メールに添付いただき下記まで送信願います。

または、会社名、部署名、住所、氏名等を記載いただき、下記まで連絡下さい。

申込みアドレス info@mesys.jp

その他 セミナーの最後に、実際にノートパソコンでソフトウエアの実習を行っていた

だき、その後、会社にて一カ月間無償にてご利用いただけます。

【セミナー内容】

1部 転がり軸受の寿命に関する基本事項

(1部、2部)講師 関東学院大学 理工学部

堀田 智哉 助教

  • 転がり軸受の寿命の形態と損傷例について
  • 転がり軸受の寿命の考え方について

2部 転がり軸受の寿命理論

  • 弾性接触理論と内部応力

ヘルツの接触理論について

  • 疲れの確率

転がり軸受の寿命に用いられるワイブル分布について

  • 基礎式

基本定格寿命L10の基礎式の意味について

  • 転動体荷重

転動体荷重の導出について

  • 基本負荷容量

動定格荷重と静定格荷重の計算式について

  • 転動体のすべり

軸受に内在するすべりについて

  • はめあいと内部すきま、予圧

内部すきまへのはめあいの影響、及び適切な予圧について

3部 MESYS Softwareの実習 (15:30~ )

実際にソフトウエアを操作しながら、機能と使い方を理解いただきます。

  • 転がり軸受ソフトウエアの機能紹介
  • 転がり軸受ソフトウエアの使い方、実習
  • シャフト設計計算ソフトウエアの使い方、実習

注)セミナー内容は、一部変更になる場合がございますが、ご了承下さい。